• HOME
  • このサイトの利用について

このサイトの利用について

愛知工科大学・愛知工科大学自動車短期大学の学生とその関係者が中心となって運営している「蒲郡Fan(http://www.gamagori-fan.jp)」(以下、「本ウェブサイト」といいます)を、皆様に楽しく、快適にご利用いただくために、以下のとおり利用規約(以下、「本規約」といいます)を定めております。本ウェブサイトの利用に際しては、本規約に同意いただく必要があります。

第1条(適用範囲)

本規約は、本ウェブサイト上で提供するサービス(本ウェブサイト上で得られる情報やクーポン、情報の投稿などのサービスの総称をいい、以下、「本サービス」といいます)を利用される全ての利用者(以下、「ユーザー」といいます)と本ウェブサイトを運営する団体(以下「運営者」といいます)との一切の関係について適用されます。ユーザーは、本サービスを利用することにより、本規約の内容を承諾したものとみなされます。

第2条(本規約の変更・改定)

運営者は、必要に応じて、本規約を随時変更・改定することができることとします。本規約の変更・改定について、その都度ユーザーにご連絡はいたしかねますので、ご利用の際には本ウェブサイトまたは本ウェブサイト上に掲示されております最新の利用規約をご参照ください。これらの掲示後にユーザーが本サービスを利用した場合には、改定後の利用規約に同意したものとみなされます。

第3条(本サービスの変更・廃止)

運営者は、本サービスの内容を、ユーザーへの事前の通知なくして変更することがあります。また、運営者は本サービスを、停止または廃止することができます。
運営者は、本サービスを変更、停止または廃止したことにより、ユーザーに不利益または損害が発生したとしても、一切責任を負いません。

第4条(本サービスの一時的な中断)

運営者は、以下の事由により、ユーザーに事前に連絡することなく、一時的に本サービスの提供を中断することがあります。この本サービスの中断により、ユーザーに不利益または損害が発生したとしても、運営者は一切責任を負いません。
本ウェブサイトのシステムの保守、点検、修理などを行う場合。
火災・停電により本サービスの提供ができなくなった場合。
天変地異などにより本サービスの提供ができなくなった場合。
その他、運用上または技術上、本サービスの提供の一時的な中断を必要とした場合。

第5条(利用環境)

ユーザーは、本サービスを利用するために必要な機器やソフトウェア、通信手段等を自己の費用と責任において用意し、それらを適切に設置、操作するものとします。ユーザーが本ウェブサイトへの接続中、回線の都合等で接続が中断したことにより、ユーザーに不利益または損害が発生したとしても、運営者は一切責任を負いません。

第6条(情報の無断使用の禁止)

本サービスによって提供する情報やその他本ウェブサイトに掲載されている文章・写真・デザイン・ロゴマーク・ソフトウェア等の著作権、商標権その他の知的財産権、肖像権・パブリシティ権、その他一切の権利は、運営者もしくは正当な権利者に帰属します。本ウェブサイトに掲載されている内容のすべて、またはその一部を運営者または正当な権利者の事前の承諾なく、譲渡、編集、使用、複製、転載または転送等をおこなうこと、その他上記の権利を侵害することはできません。

第7条(不適切な投稿の禁止)

ユーザーは、本サービスを利用するにあたり、以下の各場合に該当またはその恐れがある内容の投稿をすることはできません。
公序良俗に反する場合。
犯罪的行為の助長、またはその実行を暗示する場合。
運営者、他のユーザーまたは第三者の知的財産権(著作権・意匠権・特許権・実用新案権・商標権・ノウハウが含まれるがこれらに限定されません)を侵害する場合。
運営者、他のユーザーまたは第三者の財産、信用、名誉、プライバシーを侵害する場合。
特定の事業者の評判を毀損し、信用不安を引き起こす恐れがある場合。
法令、これに準ずるガイドライン、準則等に反する場合。
他のユーザーまたは第三者(ホテル、レストランなどの施設を含む)に不利益または不快感を与える場合。
他のユーザーまたは第三者(ホテル、レストランなどの施設を含む)に対する誹謗中傷の場合。
選挙の事前運動、選挙運動またはこれらに類似する場合、および公職選挙法に抵触する場合。
特定の宗教に関する布教活動等を目的にする場合。
未成年者に対し悪影響があると判断される場合。
わいせつ、児童ポルノまたは児童虐待にあたる画像、文書等であると判断される場合
同内容のものを複数書き込む場合。
有害なプログラム・スクリプト等を送信または書き込む場合。
重大な危険行為に結びつく、あるいは助長する場合。
詐欺、虚偽記載の問題等、しかるべき当局へご連絡いただく内容の場合。
個人的なクレーム、トラブルに関する場合。
内容の確認が困難と思われるもの場合(根拠のないもの)。
本ウェブサイト上の個別のサービスの趣旨に関連のない情報を掲載する場合。
運営を妨げ、または、運営者の信用を毀損する場合。
本規約に違反する場合。
その他、運営者が不適当と判断する場合。
前項に該当する投稿がなされた場合、状況を判断した上で投稿情報の変更および削除を含めたしかるべき処置をとります。運営者は、ユーザーが本規約の内容または趣旨に違反した、あるいは本規約の精神に照らして不適切な行為を行ったと運営者が判断した場合などにもこのような処置をとりますが、それらに限らずユーザーへの事前の通知なく運営者自身の裁量でこのような処置をとることがあります。なお、ユーザーの皆様から前項に該当する不適切な投稿がある旨の通報があった場合においても、迅速な対応ができない場合もございますのでご了承下さい。

第8条(投稿内容の利用権と著作権)

ユーザーが本サービスの利用にあたり投稿した情報についての権利は、当該著作物たる情報を創作した著作者または著作権者、その他当該権利に関する正当な権限を有する者に帰属するものとします。
ユーザーは、ユーザーが本サービスの利用にあたり投稿した情報については、ユーザーが投稿することにより、運営者に対して、日本の国内外において、無償で非独占的に使用、複製、編集、改編、掲載、転載、公衆送信、頒布、販売、提供、譲渡、貸与、翻訳・翻案などができる権利及び二次的著作物の利用に関する原著作権者の権利(著作権法21条ないし28条の権利をいう。商用利用を含む)を許諾したものとみなします。なお、ユーザーが許諾した権利には、運営者から第三者に対する再利用許諾権を含みます。また、ユーザーは、運営者又は運営者から再利用許諾権を受けた第三者に対して著作者人格権を行使しないものとします。
ユーザーが本サービスの利用にあたり投稿した情報について、当該書き込みを行ったユーザーが複製、公衆送信、頒布、翻訳・翻案等、著作権法上の権利を全て有していることを、当該ユーザーが保証するものとします。
ユーザーが第三者の著作物等を利用して投稿を行う場合には、ユーザーの責任と負担において前項の許諾に必要な権利処理(ユーザーから運営者に対する利用許諾、運営者から第三者に対する再利用許諾に必要な権利処理を含みます。)がなされていることを前提とするものとします。
前4項の規定は、ユーザーが本サービスの利用を停止した後も、なお有効に存続するものとします。

第9条(投稿情報の保存と保証)

本サービスは、ユーザーが本サービスの利用にあたり投稿した情報を確実に保存することを保証するものではありません。また、運営者は、投稿された内容について、運営者自身の裁量により、消去または廃棄する場合があります。ユーザーは情報を投稿する際に、自身のパソコンなどに当該情報をバックアップ保存するなどして当該情報の消失に備えるものとします。

第10条(個人情報の利用)

運営者は、ユーザーから取得する氏名、性別、生年月日、年齢、職業、メールアドレス、住所、電話番号等、特定の個人を識別することができる情報(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。以下、「個人情報」といいます)については、別途定める「プライバシーポリシー」の規定に従って取扱います。

第11条(免責事項)

運営者は、本サービスによって提供する情報(以下、「提供情報」といいます)について、いかなる種類の保証も付けることはなく、とりわけ、これらの正確性、速報性、完全性については、いかなる表明または保証(明示的、黙示的を問わず)も行いません。運営者は、ユーザーによる提供情報の使用(入手、収集、編纂、解釈、分析、編集、翻訳、送付、伝達、配布に関わる誤り及びこれに依拠して商品を購入した場合のトラブルも含みますがこれに限られません。)または運営者提供情報の使用が不可能であることによりユーザーに生じる損害について、一切の責任を負いません。
提供情報の内容については時々刻々変化する場合がありますので、ユーザーは、提供情報に全面的に依拠することなく、ご自身の判断によって、商品の購入等を行われるようお願いいたします。
本サービスより、リンクされているウェブサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されております。運営者は、これらのウェブサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを一切保証いたしません。
本ウェブサイトに、ユーザーが投稿し、掲載された情報について、第三者が本規約第6条に違反して、譲渡、編集、使用、複製、転載または転送等をおこなうこと、その他正当な権利者の権利を侵害したことによりユーザーに損害が生じても、運営者は一切責任を負いません。
本サービスに関し、ユーザーと第三者との間に生じた紛争、第三者の行為によりユーザーに生じた損害について、運営者は一切責任を負いません。
運営者は、本サービス及び第三者のウェブサイトからのダウンロードやコンピューターウイルス感染等により発生した、コンピューター、回線、ソフトウェア等の損害について、一切責任を負わないものとします。

第12条(本規約の効力)

本規約は2011年7月1日から発効するものとし、過去の規約に優先して適用されるものとします。