蒲郡まつり フォトコンテスト2013 入選作品発表

  • 2013年08月07日
  • イベント
愛知工科大学学生サークル「蒲郡Fan」主催 蒲郡まつりフォトコンテスト 入選作品発表

多数のご応募ありがとうございました!!

この度は、蒲郡Fan主催「蒲郡まつり フォトコンテスト2013」にご応募・ご投票いただきまして誠にありがとうございました。

多数の応募があり、夏の思い出を感じられる素晴らしい作品ばかりで、その中から入選作品を選ぶのは至難を極めましたが、蒲郡Fanサークルメンバーの選考によって、以下の作品が入選いたしました。
おめでとうございます。
今後も、蒲郡Fanサークルでは、蒲郡を盛り上げるさまざまな企画を推進していきたいと思います。
ぜひご参加いただければと思います。

※今回の蒲郡まつり フォトコンテスト2013に協賛していただきました、企業・団体はもちろん、コンテストにご参加いただきました全ての皆様に感謝いたします。


入選作品

※画像をクリックすると画像が拡大します。


花火の光の線が消えていく光景で「きれいだった」「終わっちゃった」という声が聞こえてきそうです。花火の名残惜しさが表されています。また煙が紫色になり、幻想的に見えてきます。

画面いっぱいに広がる三尺玉の光の線がまるで光のシャワーのようです。その場にいなくても目の前で花火に見ている人達と同じように魅入ってしまいます。

一斉に上げられる花火をタイミングよく撮られています。五輪の花が競い合うかのように咲き誇っているようです。

三尺玉が開いた瞬間で玉の破裂の光も撮れており花火の壮大さが感じられます。わずかに色付く海面も見所なのでしょう。

浴衣姿の姉弟二人仲良く太鼓の演舞に見惚れています。女の子が男の子を抱っこして見ている微笑ましい光景です。演舞の動作も撮れていて盛り上がっていることがわかります。

煙もなく花火以外入っていない、バックも黒一色。この条件だからこそ色とりどりの花火がより映えて見えます。

この子は見習いの子なのでしょう。後ろ姿ですが、真剣な眼差しであることが感じられ、これから大人達が演舞する光景を見て「僕もうまく出来るようになりたい」と思っているのでしょう。「燕鼓」の文字もはっきりと写り、良いアクセントをだしています。

花火がいくつも上がり、盛大に盛り上がっていることがわかります。そして手前に見えるビルの対比から花火会場が広いこと・花火が大きいことが見てとれます。

このシルエットは船でしょうか。スターマインの盛大な演出でまるで船の出航を祝っているような光景に見えます。

蒲郡のゆるキャラ「ガマゴリラ」がペットボトルをくわえて、異様な姿で客引きをしています。そんな彼に集まる子供達から「なにやってるの?」とか聞こえてきそうです。ゆるキャラ独自の和む光景です。

上空に上がる花火と見上げる人・移動する人。様々な要素を取り入れることで祭りらしさを感じさせます。

下のアングルで撮ることで不安定さ(危なささ)が感じられます。写真をみているだけでハラハラします。よくみると手がピースしているので無事に成功しているのでしょう。

花火が打ち上がる光の尾とひらいた花火の光の線1本1本はっきりと撮れています。大小の花火、光の尾、構図のバランスにより花火の華やかさが表されています。


※景品の内容や点数に関するご要望はお受けできませんので、ご了承願います。


過去に開催されたフォトコンテストの入選作品



入選の通知について


Twitterから応募の方は、入選作品の決定後、「@aut_com」からダイレクトメッセージをお送りします。
メールから応募の方は応募していただいたメールアドレスに入選の通知メールをお送りします。所定の期日までに連絡いただけない場合は、賞品の当選を無効とします。


協賛企業・団体

「蒲郡まつり フォトコンテスト2013」は、蒲郡地域の企業や団体より協賛いただいております。
蒲郡RockFes実行委員会ラグーナ蒲郡生命の海科学館(株)金トビ志賀ホテル竹島天空海遊の宿 末広、(株)蒲郡オレンジパーク
※(順不同、敬称略)

「蒲郡まつり フォトコンテスト2013」企画・運営

蒲郡Fan(Gamagori Fan)事務局:info@gamagori-fan.jp
※お電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
※応募受付の確認、結果に関するお問い合わせはお受けいたしかねますので了承ください。