万葉の小径

  • 2011年07月07日

西浦温泉の小高い山にある、稲村神社に通じる約500mほどの遊歩道です。柿本人麿、麻績王、高市連黒人、長忌寸奥麿などの万葉歌人が三河湾の美しさを詠んだ歌碑が遊歩道のいたるところにあります。 ここ万葉の小径の遊歩道から眺められる海の景色は絶景です。
ムラサキシキブ、シラハギなどの万葉の花が咲き誇ります。このことから万葉の小径と呼ばれています。 緑に囲まれた遊歩道は自然を満喫できます。虫よけスプレーは忘れずに。

隠れ絶景スポット!?「万葉の小径」


西浦パームビーチのすぐそばに「万葉の小径」って看板を発見。


万葉の小径を発見!


この先に何があるのやらという少し怪しいオーラを放っていますが、入ってみるとビックリします!坂が多いためかところどころ休憩スペースがあるのですが、そこから眺めるパームビーチの景色はすごっいオススメです。苦労して登る価値ありです。


晴れていたので、すごいキレイなパームビーチを眺めることができました。


緑に囲まれて歌碑を詠みながら散策できるのも、情緒があっていいですね。あとで知ったのですが、万葉歌人が詠んだ歌碑だそうです。「柿本人麿」って聞いたことあります?


緑と歌碑に囲まれながら小さな林を散策中。


もっと詳しい情報は、体験レポートにまとめています。是非確認してください!


万葉の小径

関連するタグ: